「エクセルVBA日本語化」 ver 0.11 がベクターで 公開されました

Pocket

「エクセルVBA日本語化」 ver 0.11 がベクターで 公開されました
「エクセルVBA日本語化」 ver 0.11 がベクターで 公開されました

「エクセルVBA日本語化」ver0.11がベクターで公開されました。

今回の改修点は以下の通りです。

  • セルの選択範囲中で、偶数行、奇数行、偶数列、奇数列を指定できるようになりました。
  • セルの選択範囲で、行、列ともにステップを刻んで指定できるようになりました。
  • 「セルごとにサブルーチン呼び出し」メソッドを使うことで、Rubyでいうところのeachメソッドを実現し、ブロックを渡すことができるようになりました。
    呼び出されたブロックの第1引数には「セル」クラスが、第2引数以降には、「セルごとにサブルーチン呼び出し」メソッドに渡した引数が代入されます。

過去記事で書いた、「エクセルVBA日本語化で 選択範囲の偶数行を 簡単に配色」することも可能となりました。

cunning-pg.ringing-web.com
 
ページが見つかりませんでした – ズルいプログラミング – 入門者向け ...
https://cunning-pg.ringing-web.com/archives/252

以下のコードが、実行可能になりました。

Public Sub 選択範囲の背景色変更_行目指定()
    g_道具.セル.選択範囲(, , 2).書式.背景パターン = 塗りつぶし
    g_道具.セル.選択範囲(, , 2).書式.色 = RGB(100, 100, 100)
End Sub

Public Sub 選択範囲の背景色変更_列目指定()
    g_道具.セル.選択範囲(, , , 3).書式.背景パターン = 塗りつぶし
    g_道具.セル.選択範囲(, , , 3).書式.色 = RGB(100, 100, 100)
End Sub

Public Sub 選択範囲の背景色変更03()
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン偶数行).書式.背景パターン = 塗りつぶし
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン偶数行).書式.色 = RGB(100, 100, 100)
End Sub

Public Sub 選択範囲の背景色変更04()
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン奇数行).書式.背景パターン = 塗りつぶし
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン奇数行).書式.色 = RGB(100, 100, 100)
End Sub

Public Sub 選択範囲の背景色変更05()
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン偶数列).書式.背景パターン = 塗りつぶし
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン偶数列).書式.色 = RGB(100, 100, 100)
End Sub

Public Sub 選択範囲の背景色変更06()
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン奇数列).書式.背景パターン = 塗りつぶし
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン奇数列).書式.色 = RGB(100, 100, 100)
End Sub

Public Sub 選択範囲の背景色変更07()
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン行ステップ, 3).書式.背景パターン = 塗りつぶし
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン行ステップ, 3).書式.色 = F_色インデックスからRGB色へ変換(インデックス黄色)
End Sub

Public Sub 選択範囲の背景色変更08()
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン列ステップ, 3).書式.背景パターン = 塗りつぶし
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン列ステップ, 3).書式.色 = F_色インデックスからRGB色へ変換(インデックスオレンジ)
End Sub

Public Sub 関数呼び出しテストコード()
    Dim w_整数 As 整数
    
    Set w_整数 = h_変数取得.整数
    
    w_整数.接頭辞を設定 "第"
    w_整数.接尾辞を設定 "月"
    
    g_道具.セル.選択範囲(, , 2, 0).セルごとにサブルーチン呼び出し "月埋める", w_整数
    
    Set w_整数 = Nothing
End Sub
    
Public Sub 月埋める(w_セル As セル, w_整数 As 整数)
    w_整数.増やす
    w_セル.値 = w_整数.文字列化
End Sub

Public Sub 関数呼び出しテストコード02()
    g_道具.セル.選択範囲(, , 2, 0).セルごとにサブルーチン呼び出し "月埋める", h_変数取得.整数(0, "第", "月")
End Sub

Public Sub 関数呼び出しテストコード03()
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン偶数行).セルごとにサブルーチン呼び出し "月埋める", h_変数取得.整数(0, "第", "月")
End Sub


Public Sub 関数呼び出しテストコード04()
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン奇数列).セルごとにサブルーチン呼び出し "月埋める", h_変数取得.整数(0, "第", "月")
End Sub

Public Sub 関数呼び出しテストコード05()
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン行ステップ, 4).セルごとにサブルーチン呼び出し "月埋める", h_変数取得.整数(0, "第", "月")
End Sub


Public Sub 関数呼び出しテストコード06()
    g_道具.セル.選択範囲(選択範囲パターン列ステップ, 4).セルごとにサブルーチン呼び出し "月埋める", h_変数取得.整数(0, "第", "月")
End Sub

Public Sub 関数呼び出しテストコード07()
    g_道具.セル("A3:G8").選択.セルごとにサブルーチン呼び出し "月埋める", h_変数取得.整数(0, "第", "月")
End Sub

主に、選択範囲を選択した後「マクロの実行」でVBAサブルーチンを実行し、選択範囲の偶数行や奇数列を自動判別して、一括処理させることが可能となりました。

「偶数行」がオレンジに着色された
「偶数行」がオレンジに着色された

上記のような実行結果になります。

それでは、またー(^_^)/

The following two tabs change content below.
KaBA@フリーランス修行中

KaBA@フリーランス修行中

こんにちは!IT業界で勤めて17年くらい務めています。プログラミング大好きやろーです。 自分も独学でC言語を覚えIT会社に就職しました。その後紆余曲折を経て、VB6.0、VBA、Perl、C#、HTML、CSS、JavaScript、PHPなどを覚えていきました。全部C言語の独学時の経験がベースとなって、学習曲線が良いカーブを描いていました。 情報工学科を出ていなくても、独学でエンジニアは育つことができると思います! このブログで皆さんがプログラミングに興味を持たれるのを心待ちにしています! 頑張って覚えられてください!よろしくお願いします。 趣味は読書で、小宮一慶さんや松下幸之助さんなど著名人の本を読んでいる他、赤川次郎さんの三毛猫ホームズシリーズ司馬遼太郎吉川英治さんの三国志などが好きです。