「エクセルVBA日本語化」 ver 0.11 がベクターで 公開されました

Pocket

「エクセルVBA日本語化」 ver 0.11 がベクターで 公開されました
「エクセルVBA日本語化」 ver 0.11 がベクターで 公開されました

「エクセルVBA日本語化」ver0.11がベクターで公開されました。

今回の改修点は以下の通りです。

  • セルの選択範囲中で、偶数行、奇数行、偶数列、奇数列を指定できるようになりました。
  • セルの選択範囲で、行、列ともにステップを刻んで指定できるようになりました。
  • 「セルごとにサブルーチン呼び出し」メソッドを使うことで、Rubyでいうところのeachメソッドを実現し、ブロックを渡すことができるようになりました。
    呼び出されたブロックの第1引数には「セル」クラスが、第2引数以降には、「セルごとにサブルーチン呼び出し」メソッドに渡した引数が代入されます。

過去記事で書いた、「エクセルVBA日本語化で 選択範囲の偶数行を 簡単に配色」することも可能となりました。


以下のコードが、実行可能になりました。

主に、選択範囲を選択した後「マクロの実行」でVBAサブルーチンを実行し、選択範囲の偶数行や奇数列を自動判別して、一括処理させることが可能となりました。

「偶数行」がオレンジに着色された
「偶数行」がオレンジに着色された

上記のような実行結果になります。

それでは、またー(^_^)/