Excelを起動して VBAの画面を開き 標準モジュールを追加する

Pocket

Excelを起動して VBAの画面を開き 標準モジュールを追加する
Excelを起動してVBAの画面を開き標準モジュールを追加する

はい、

今回は、

  • Excelを起動して VBAの画面を開き 標準モジュールを追加する方法

について、解説します。

まず、Excelを起動します。

 

Excelを起動します。
Excelを起動します。

次に、「ALTキー」を押しながら、「F11キー」を押します。

この2つのキーを同時に押すことで、VBAの編集画面が開きます。

「ALT」キーと「F11」キーを同時に押してVBAの編集画面を開く
「ALT」キーと「F11」キーを同時に押してVBAの編集画面を開く

VBAの編集画面が開きました。

次に、VisualBasicのプログラムコードを書いていくためのシートを作成します。

このシートは「標準モジュールという名前のシート」です。

「挿入」メニューをクリックし、「標準モジュール」をクリックします。

この操作で「標準モジュールのシート」が作成されます。

「挿入」メニューをクリックし「標準モジュール」をクリックすることで標準モジュールを作成する
「挿入」メニューをクリックし「標準モジュール」をクリックすることで標準モジュールのシートを作成する

上記の操作で、VBAの編集画面で「標準モジュールのシート」が作成され、編集可能になります。

「Module1」という名前の「標準モジュールのシート」が作成される
「Module1」という名前の「標準モジュールのシート」が作成される

「Module1」という名前の「標準モジュールのシート」が作成されました。

「Module1」というシート名は後から変更可能です。

最後に、このシートにVBAのコードを書いていきます。

ここでは、「テストコード」という名前の「サブルーチン」を書いてみます。

「テストコード」という名前のサブルーチンを書いてみた
「テストコード」という名前のサブルーチンを書いてみた

「サブルーチン」とは、Excelに対する命令の記述のひとかたまりのことです。

「ルーチンワーク」という言葉がありますが、この「ルーチン」には「ひとかたまりの定型的な手続き」という意味があります。

Excelに対する命令の記述も、一度書いたらそれほど変更しない定型的な手続き的命令ですので、「サブルーチン」と言われています。

なお、なぜ「サブ」かというと、「メインルーチン」とは「Excelソフト自体」だからです。

Excelが皆さんに対していろいろな機能を提供していますが、それらが「メインルーチン」なんですね。

一方、皆さんがこれからカスタマイズしてExcelに付加的に追加しいくVBAのコードは、あくまで「付加的なルーチン」なので、「サブルーチン」と呼ばれています。