Excelに ExcelVBA日本語化を インストールする方法

Pocket

Excelに ExcelVBA日本語化を インストールする方法
ExcelにExcelVBA日本語化をインストールする方法

はい。

今日は、

  • Excelに ExcelVBA日本語化を インストールする方法

を解説します。

まず、「エクセルVBA日本語化」のZipを展開し、できたフォルダの中の、「インストーラー.xlsm」をダブルクリックして起動します。

「インストーラー.xlsm」を起動し「インストール」ボタンをクリックする
「インストーラー.xlsm」を起動し「インストール」ボタンをクリックする

次に、画面上にある「インストール」ボタンをクリックします。

これでいったん「エクセルVBA日本語化」がインストールされます。

インストール完了
インストール完了

「エクセルVBA日本語化」のインストールが完了しました。

しかし、まだ「エクセルVBA日本語化」を使えません。

なぜなら、個別のエクセルブックで、「このエクセルブックからエクセルVBA日本語化を使うことにするよ」という設定を行っていないからです。

そこで、新規エクセルブックを立ち上げることにします。

新規エクセルブックを起動
新規エクセルブックを起動

新規エクセルブックが起動しました。

ここで「ALT」キーを押しながら「F11」キーを押します。

すると、VBAの編集画面が開きます。

VBAの編集画面が開く
VBAの編集画面が開く

VBAの編集画面が開きました。

ここで、「ツール」メニューをクリックし、「参照設定」メニューをクリックします。

「ツール」メニューをクリックし「参照設定」メニューをクリックする
「ツール」メニューをクリックし「参照設定」メニューをクリックする

この操作で、「参照設定」画面が開きます。

「参照設定」とは平たく言えば、「このエクセルブックで、このエクセル追加機能(エクセルアドイン)を使うよ」と指定することです。

「参照設定」画面に「エクセルVBA日本語化」の項目がある
「参照設定」画面に「エクセルVBA日本語化」の項目がある

「参照設定」画面を開くと、先にインストールした「エクセルVBA日本語化」の項目があります。

「Excel_VBA_JP_v0_09a」という項目が「エクセルVBA日本語化」の項目です。

しかし、まだチェックが入っていないため、「エクセルVBA日本語化」の機能は使用できません。

そこで、チェックを入れてみます。

「エクセルVBA日本語化」の項目にチェックを入れる
「エクセルVBA日本語化」の項目にチェックを入れる

最後に「OK」をクリックし、設定を確定します。

===[ 2017/12/03追記]===

「エクセルVBA日本語化 ver0.10」の方を使用される場合は以下の「Excel_VBA_JP_v0_10」の項目をチェックされてください。

「エクセルVBA日本語化ver0.10」を有効化
「エクセルVBA日本語化ver0.10」を有効化

===[ 2017/12/03追記]===

 

試しに「エクセルVBA日本語化」を使ってみる
試しに「エクセルVBA日本語化」を使ってみる

試しに「エクセルVBA日本語化」を使ってみましょう。

「テストコード」サブルーチン内で、「g_」とまで入力します。

そして、その場で「CTRL」キーを押しながら「スペース(空白)」キーを押します。

すると、コードが自動的に補完されて「g_道具」とまでコードが展開されます。

コードが自動的に補完されて「g_道具」とまでコードが展開される
コードが自動的に補完されて「g_道具」とまでコードが展開される

このように、VBAでは自動的な「コード補完」機能がありますので、コードをすべて手入力する必要がありません。

「何か自動で補完されないかな?」と思ったら、「CTRL」キーと「スペース(空白)」キーを同時に押してみましょう。

ここでは、「g_道具」の後に「.(ピリオド)」を入力してみます。

すると、また、コードの自動補完が行われます。

ここでは、補完候補が複数出てきます。

コードの自動補完が行われます。 ここでは、補完候補が複数出てきます。
コードの自動補完が行われます。 ここでは、補完候補が複数出てきます。

後は、候補を選んで、「TAB」キーか「ENTER(改行)」キーを押すことで、コード補完が確定します。

このように、「エクセルVBA日本語化」では、ほとんどのコードを「コード補完」で入力できるため、あまりキー入力する必要がありません。

それでは、また~(^^)/